12営業日連続の円安に – 2022年4月19日

ここのところ、こちらのコラムでは頻繁に円安を取り上げていますが、今週にかけても歴史的な円安局面が続いています。ドル円相場は昨日にかけて12営業日連続で円安にふれていますが、これはブルームバーグの集計によると変動相場制に突入した1971年以降で初めてのことのようです。

先週に財務相が、昨日には黒田総裁が円安のネガティブな側面に言及しましたが、マーケットは殆ど反応することなく円安が継続しています。米国のヘッジファンドなどの投機筋はこうした反応を見越してさらに円売りをしかけているのか、本日は一気に128円台までさらに円安が進行しています。

米ドルは円だけでなく、今年に入ってから強かった資源が豊富な新興国通貨に対しても上昇しており、主要通貨に対する全般的な価格動向を示したドル指数も2年ぶりの高値にまで上昇してきています。バイデン政権としても劣勢が伝えられる中間選挙に向けて、インフレ抑制は待ったなしの状況で、ドル高は輸入物価の抑制につながりますから歓迎しており、日本政府による踏み込んだ為替介入には協調しないでしょう。

日銀が長期金利を0.25%以下に抑える指値オペをやめない限り、日米の金融政策の乖離は拡大の一途でまだまだ円安圧力は強い状態が続きそうです。1-2ヵ月内に2000年以降で最も円安となった02年1月の135円15銭を試すこともあるかもしれません。

進化するアマゾンのリアル店舗 - ウルトラリッチのグローバルライフ 進化するロンドンの小売りシーン https://bit.ly/3nlqwGb

ほぼノーマスク」のイギリス、コロナ禍なのに「経済」も「生活」も“大復活”していた…!コロナ前と変わらない「イギリスの日常」 https://bit.ly/3nlqwGb

S&S investmentsのSNS フォローお願いします
HP:  https://ssinvestments.co.jp
FB :   https://www.facebook.com/ssinvest25
Twitter :   https://twitter.com/ssinvest25
note:   https://note.com/ssinvest
Blog :   https://ssinvest.jp/