マーケットをさらに混乱させるステーブルコイン 

米国株がテック銘柄を中心として4月に続いて5月に入ってからも下落していますが、マーケットの混乱に拍車をかけているのがステーブルコインをめぐる混乱です。ステーブルコインはブロックチェーンの中でも米ドルなどに対してペッグして値動きするものを指しますが、米ドル建ての短期債券や金などの流動性の高い準備金を持たず、複数のブロックチェーンの組み合わせにより米ドルとのペッグを目指す、アルゴリズム型のステーブルコインに混乱が見られます。
 
こうしたアルゴ型のステーブルコインの中で時価総額が最大のテラ(UST)について、9日の取引から米ドルとのペッグが外れ、残高も140億ドル(約1.8兆円)から87億ドル(約1.1兆円)まで急減しています。テラの価格は一時0.6ドルを割り込む寸前まで急落し、その後少し持ち直しましたが引き続き0.8ドル前後とペッグが外れた状態で推移しています。
 
ステーブルコインについてはイェレン財務長官も言及しており、一定の規制が必要であると訴えています。テラの混乱は他のブロックチェーン価格へと波及しており、ビットコインも3万ドルを割り込むところまで一時下げました。
 
Web3など実社会への浸透も進んできているブロックチェーンですが、まだ規制の整備も途上で今後もこうした混乱が続きそうです。

進化するアマゾンのリアル店舗 - ウルトラリッチのグローバルライフ 進化するロンドンの小売りシーン https://bit.ly/3nlqwGb

ほぼノーマスク」のイギリス、コロナ禍なのに「経済」も「生活」も“大復活”していた…!コロナ前と変わらない「イギリスの日常」 https://bit.ly/3nlqwGb

S&S investmentsのSNS フォローお願いします
HP:  https://ssinvestments.co.jp
FB :   https://www.facebook.com/ssinvest25
Twitter :   https://twitter.com/ssinvest25
note:   https://note.com/ssinvest
Blog :   https://ssinvest.jp/